あなたが選んだ住まい

写真

住まいは毎日必ず帰って寝るところ、外で クタクタになってたどり着くところ、だか ら、自分の心とからだにやすらぎを与えてく れる場所でなければなりません。「やれや れ」とたどりついた住まいが、好きな空間で ないとしたら、心とからだが休まりますか。 朝起きて身支度を整え、朝食をとって、 「さあ、一日の始まり、はじまり!」。あなた に、元気、活力、気力を与えてくれるスター ト地点となる住まいでありたいものです。 どうしたら、あなたのマンションを快適に できるのか考えてみましょう。

写真

マンションで生活するうえで忘れてならな いのは、上下・両隣が壁や天井一つで接して いること、建物内に共用部分と専有部分がある こと、費用を負担し合って管理を行なっている ことです。上下・両隣が接しているのは賃貸住宅でも 同様ですが、分譲住宅ではつい「自分の家」 という気持ちを重視しがちです。しかし、壁 一つ隔てれば「誰かの住まい」であり、一歩 ドアを出ると共用部分であることを忘れては いけません。集合住宅としてのルールをお互 いに守って、快適に暮らしたいものです。

集合住宅で気持ちよく暮らすためには、居 住者同士の良好なコミュニケーションがもっと も重要になります。長い期間そこに住むので すから、同じマンションで暮らす人たちと顔 見知りの関係をつくることができたり、それ 以上の気心の知れた隣人を得ることができる と、その後のマンションライフはいっそう暮 らしやすく、楽しいものになるでしょう。 そのためにも、引っ越し時の近隣へのあい さつは大切です。あいさつをしておくだけ で、その後の住み心地はかなり快いものとな るでしょう。壁(天井)一つ隔てただけのと ころに「いつのまにか、どこかの誰かが引っ